スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

琵琶湖博物館

 
 今日は、台風の影響から琵琶湖休みにしたので、すこしゆっくり時間を過ごして午後から、烏丸半島にある県立琵琶湖博物館に久し振りに社会見学に行って参りました。



 屋外は断続的に台風による雨が降っていたので、こんな天気だからなのか屋内施設の博物館は思ったより子供さん中心に賑わっておりました。



 ショータ君が見たがっていた、ビワコオオナマズですが、顔は隠して尻隠さずで、お顔を拝見する事は叶わず。夜行性のナマズだから展示時間帯に合わせて、日中を暗く夜間帯を明るく証明の調整をされていて、少しでも活動している状況を見てもらえるように工夫されているのですが・・・。写真に収められなくて残念。



 水族企画展示室では、レッドリストの魚たちという企画で、タナゴ類、モロコ、ギギ、アユモドキ、ハリヨなんかの展示。少なくとも、僕の子供の頃はまだ、赤虫を餌にタナゴ、ヒガイ、モロコなんかは普通に釣れましたね。最近では、かのブルーギルでさえ数が減少している気がするのですが・・・気のせい??



 最近話題になった、クニマスの標本があったり。これは、もともとの田沢湖のものでしょうね。



 コクチのお方も居たりとかして・・・。



 海外の淡水魚の展示では、パイク類もおります。ガーパイクは居ますが、僕が見たいノーザンパイクは居ませんでしたね。



 いつもの見慣れたお方は、オーディエンスにも馴れたもので、全く動じていません(笑)



 タナゴ類はジッとしていなくて、綺麗に写真に納めるのが難しいです。



 モロコやタナゴ、ヒガイなんかも、遥か昔の子供の頃生きたまま持ち帰って、実家の水槽で飼っていました。結構丈夫で長生きしたと思います。



 タナゴ・・・やはり綺麗に撮れない(悲)


 そんなこんなで、久し振りに行きましたが、相変わらず魚好きには楽しめるスポットであることには間違いありません。個人的には図書館ブースにある、琵琶湖関連の学芸員の研究結果をまとめた書籍などもたくさんあり、謎多き琵琶湖の興味深いデータが見れますので、一度、時間のある時にでも、ゆっくり本を読みに行きたいですね。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

オオナマズ!実物見に行かないと。ノーザンパイクさんは意外と熱帯魚屋とかホームセンターで昔は売ってましたよw
>RMS_shotaさん

今度上手い事日程組んで行きましょう!面白いですよ。鯰釣りも行きたいなあ。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。