スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

12月12日(日)琵琶湖~釣り納め?釣るまで帰さないの巻~


 さて、前回は病気療養からの「リハビリフィッシング・陸っぱり編」でしたが、本格復帰に向けて、今日は実に1カ月以上ぶりにボートを出しての「リハビリフィッシング・ボート編」の開催です。毎度馴染みの、しゅうへい君には「2010年釣り納め」を口実に強制拉致で同行してもらいました。釣り納めですからね、釣れるまで納まらない訳でありますので、「釣るまで帰さないよ~」と脅しておきます(笑)

 そんな感じで脅しておきながら、なんと僕が二度寝で20分程遅刻してしまいました。ごめんなさい(謝)どうやって二個の目覚ましを止めたのか・・・謎です。

 そんな感じで、さっさと準備を済ませ出艇。久し振りのボートのステアリングの感触に・・・特に感動も無く(笑)ハンドル切っても肋骨は痛くないのを確認してひと安心。久し振りの湖上という事で、気がかりは水温、ウィードの枯れ具合といったところ。スロー走行で確認しますが、ウィードはがっつり残っております。この時期にここまで残ってるのは珍しいです。まあ台風が一回も来なかったですからねぇ。この冬はいつもとは魚の着き場が変わるかもしれません。

 湖上の様子は、ほとんどのボートが「冬の定番」西岸沖のチャンネルラインに集結している感じで、例えば、初めて南湖に魚探持たずに湖上に出た方でも、何処がチャンネルラインか一目瞭然でわかります。

 チャンネルラインは、ボート密集によるハイプレッシャーが予想されますので、僕らは人が少ない場所で狙い所を選んでポイントに入ります。魚探画面は明らかに賑やかしいので、生き物が居るようです。


 とりあえずクランクで釣れましたが・・・

PC121034.jpg

 本当の冬はまだ先のようです。


 ライトリグを入れると、連チャンでアタリありますが・・・

PC121035.jpg

 可愛いサイズが遊んでくれますね。やっぱりまだ冬はまだ先のようです(笑)


 そこで、サイズUPするにはどうするか?を考えて、更にプレッシャーの無いであろう、東岸沖2メートルのウィードパッチ帯に入り、「冬にこういう場所で釣れたらデカイよ。」などと話しながら、2人でバイブレーションを投げていると、バックシートのしゅうへい君のロッドが綺麗な弧を描いています!!

PC121037.jpg

 ジャスト50、2キロちょいの、かなり筋肉隆々のフレッシュな奴を仕留める事に成功です。釣れて納め完了ですので、いつでも帰れます(笑) 釣れなければ釣れるまで毎週「納め釣行や!」と脅していたのに、あっさり50UPでミッションクリアです。

PC121038.jpg

 余談ですが、いつも思う事がありまして、ブリブリ体型のコンディション良好な魚が釣れた時、どうしたら写真でその感じが伝わるかいつも悩みます。なにかいい写し方ありましたら教えて頂きたいですね。なかなか写真で雰囲気が出ないのが残念です。

 
 この魚が出た後すぐに、ベタベタの凪になってしまい、状況がよろしくないので、風が吹くまでの時間潰しに、せっかくなんで不慣れな北湖の深海の様子を見学にいってきました。二ヶ所ほど回って南湖へ帰還し、南エリアのオオカナダモ牧場の状況を確認に行きます。

101212_124057.jpg

 こんな状態の綺麗なカナダモがしっかり生えているので、この先の冬本番のクランク場所として活躍してくれる事を期待です。今日も少し巻いてみましたが、凪の為か反応は無し。

 
 それ以外にも数エリア見て周りましたが、午後からも時間目一杯やりましたが、魚からの反応は得られず終了となりました。今日は朝一の風だけで、ほとんど凪の感じで難しかったです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

お疲れでしたぁ!

肋骨も大丈夫みたいで安心しました!(笑)

やはり全て写真に収めるジンクスは守る必要アリですなぁ(笑)

今年の目標は来年に持ち越しですわぁ(笑)f(^_^;
クオリティの表現方法
骨癒合が順調なご様子、何よりでございます。
追加で風邪を引かないよう、ご注意ください。
特大の咳、くしゃみなんか超キケンですよね。
恐い恐い…


感激のクオリティフィッシュのはずが、写真で見るとあんまり…
そんな事は結構ありますが、当時の自分の目がイカれてるのか、カメラがイカれてるのか…私は圧倒的に後者であると信じたい。

さて、イカれたカメラでもこのクオリティが表現出来ないか、とお悩みでしたらば、是非お試し頂きたいのが→

オーバーアクションでクオリティの高さを感動の大きさに置き換える。

です。
人の水揚げを写真に納めて久しいのですが、非常に皆さんスカしてます。

もっともっと内なるマグマを全身を使って表現すれば、魚ももっとデカく見える!見えてくる!!

はず。
もはや論拠がイカれておりますが、是非実践して頂きたい!
>しゅうへいさん

お疲れでした。不思議とジンクスというのは成立するもんですな!

今年の目標を来年に持ち越し??まだチャンスはありますやん(笑)
>カネコ部長殿

おかげさまで、だいぶ楽になりました。ただやはり油断は禁物なんで、クシャミも大人しくしております。

クオリティーの表現方法・・・なるほどです!プロのカメラマンが、グラビアアイドルを美しく撮るように、僕も被写体に語りかけながら、内なるマグマを表現していけたらと思います(笑)

うん。いい写真が撮りたい!!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。