スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

おはようございます



朝から出ていますが、予想外に風強しです!

回遊に当たりましたが、オールミス(笑)

頑張ります…。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

巻き返しに期待
回遊の魚を見つけるコツって何なのでしょう?魚探なしのもちおかっぱりです。通いつめて以外で、何か基本の条件となる様な情報があったりして群れを探すのですか?いつも通りの質問攻め、すみませんw
>shotaさん

漠然とした話ですが、水の流れ、風の向き、ウィードや地形の変化など、できるだけダイナミックな場所を探します。もちろん魚探が重要なツールになってます。
琵琶湖難しくなっているようですね…。
木曜日に浮いてくる予定です。

ちなみShotaさんの回遊当てたいのはパーチ?
難しいねぇ。
ボクもかなり何度もパーチ釣りに通いましたが数箇所しか解明できませんでした。
キャナルだったら閘門下の最初のベンドでウィードのポケットが溝のように繋がっているところによく大型がまわってくる時期がありました。
これはもうウィ-ドの形が変わってるでしょうけど。
オランダの湖では2~5メートルラインを回遊してきたパーチが捕食モードに入るサンドバー、水中岬がありました。
ココはいつも有効です。
岬の周りで等深線が近付くのでどのレンジを回遊している魚も狙えます。
大型のパーチは2~3匹の小さな群れで回遊しているのをよく見かけます。
やつらがトップウォータープラグに競って襲い掛かってくる瞬間は最高にエキサイティング!
後になってそこには回ってくるべき理由があるのはわかってくるのですが魚探なしのオカッパリではやっぱり通わないと見つからないかなぁ…。
特にキャナルとかは水深の変化も乏しいし、ウィードの壁か岸際を適当に回遊してるだけじゃないでしょうか?

って、Shotaさんのブログに書き込むべきでしたね。
長々すいません、Muchinさん…。
>イールショックモリモトさん

非常に判りやすいパーチ釣りの極意ですね!shotaくん師匠の格言是非参考に。

やはり、ことフィーディングとなると、岬や岬っぽい何かが重要になることが多いですね。

モリモトさん5日は頑張って仕留めてきてくださいよ!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。