スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

12月20日(日)琵琶湖



 今日は、天気予報からして午後からの風はかなりMAX級にヤバそうということで、中止を考えていたのですが、朝一は拍子ぬけに風がマシであったので、昼に荒れだすまで近場限定ということで、厳冬の琵琶湖にしゅうへいさんを誘惑&拉致して修行してまいりました。

 朝から南~西寄りの風で少々荒れ気味ではあるものの、まだまだ釣りの動作が出来る範囲内。いつものシーアンカーをフル活用でございます。

 ただし、連日の冬型気圧配置の大荒れの効果で水温は一気に激下がりの7℃突入。そして爆風による濁りも出ています。

 ゲーリージグのスコーンとディープクランク、バクラトといったこの時期からの定番で、風向きを考えて流すラインを微調整しながらチェック。2人でルアーローテーションしながら黙々キャストしているうちに、僕のバクラトに待望のコツコツバイト発生。少しアタリを聞いても離す気配無かったので、フルパワーフッキング バッチリ乗りました この時期貴重な魚の引きを少し楽しんで、取り込みをしようと水面でいなしているあいだにポロリ!フックOFF 目測で50㎝前後でしょうか。貴重な写真サイズのバスだったので残念。まぁ、針の掛かり所まではどうしようもないですからね~。

091220_091428.jpg

 無情の歯形ザックリ画像 ルアーの後ろから接近してきてバックリ咥えていますね。

 この1匹で2人ともテンションで気合いはいりますが、そこから確変連チャンへは発展しませんでした。僕の方にもうワンバイトありましたが、こちらは一瞬で口から離してしまい、無。そこから期待通り(?)11時ぐらいから予報以上の超MAX爆風となり、ボート上で吹き飛ばされそうになるので、早々に見切り退散とし、お昼で納竿としました。あまりの爆具合に片づけでボートカバーをかけるのも一苦労です(笑)





※追伸 「しゅうへい君の奥様へ」

091220_204951.jpg

素敵なクリスマスプレゼントありがとうございました 大切に使わせていただきますよ~。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

いやぁ~笑けるくらいの爆風どしたなぁ~(^∧^)


貴重な?体験でした!(笑)

又の 誘惑&拉致 お待ちしております(⌒0⌒)/~~
>しゅうへいさん

半日のショートタイムとはいえ、厳冬期修行おつかれさんでした。爆風にも飛ばされないよう体重UPが必要かと(笑)

天一ごちそうさまでした♪
惜しい!
是非見たかった魚の写真!明日フライトなので、日本で野池ぐらいしか行けませんが、バスに一目会いたいです!!爆風の中お疲れさまでした。
>Shotaさん

残念ながら冬バス写真は次回持ち越しとなりました。いよいよ明日から一時帰国なのですね。つかの間の日本楽しんでくださいよ!カップ麺もたくさん試食しなければですかね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。