スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キモカッコいい

 僕のお気に入りのS.O.D

 S.O.Dっつても、スコット・イアンの「STORMTROOPERS OF DEATH」の方ではなく、タモリ倶楽部「空耳アワー」の超常連(?)といえる(笑)
SYSTEM OF A DOWN
の方でございます。

 このバンドが初めて日本の雑誌にアルバム・レビューが書かれていた時の内容がそれは酷かった。歌い方が変だとかとにかく酷評だったこと覚えています。そんなんだったから、僕自身そのタイミングで音源を耳にすることはありませんでしたね。ちゃんと聞くことになったのは随分後の事でした。



 3年ほど前に活動休止になってしまっているのですが、生でLIVE見れなかったのが残念で仕方ないバンド。強烈に個性的な音で、S.O.D節は究極の「キモカッコいい」だと思います。メンバー全員がロスのアルメニアコミュニティー出身で複雑な歴史をバックグラウンドに、政治や反体制のメッセージ色の強い歌詞で構成されてます。ライブの時もステージ上には工芸品「アルメニア絨毯」が敷き詰められたり、曲の随所にアルメニア音階のような民族色の音を取り入れていて、非常にインパクトのある曲が多いですね。

 個性的すぎて、好き嫌いがハッキリ分かれるのかなと…。僕は、どっぷり浸かっていたくちなので、釣りの遠征の車中なんかは、相当ヘビロテ率が高いです。中毒性の高い曲のオンパレード。素敵。

 いつしか活動再開することがあれば絶対にライブ行かないといけませんわ。



 1st「システム・オブ・ア・ダウン」の名曲「SUGAR」そう、"昆布茶きのこな人々"で始まるアレです。ダロンの単音ピロピロのフレーズが耳を離れなくなります。



 2nd「毒性」の「BOUNCE」サージ・タンキアンの「POGO!POGO!POGO!」の連呼が印象的な作品。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

「第九」を聴いてきたけど
えらく分野の違いを感じるわ~。

これでテンションアップなら
大掃除にも欠かせないアイテムだねv-91
お!
懐かしい!10年位前、よくきいてました♪
このシンガーの人、映画のIron Manに出てたのかな?レイジのトム・モレロは悪役でチョコっと出てたのけど、この人とあのIron Manの曲やったみたいだからこの人も出てるのかと思ってたが、わかりませんでした。
>りとるさん

第九を聞くと年末気分になりますね。もう今年も残すところあと僅か・・・。音楽聞きながら大掃除の続きも頑張りまっす。
>たかやんさん

あ~そうですか!僕はいまだに聞いていますよ。
映画「IRON MAN」は見ていないのですが、トム・モレロは俳優もされているのですか?
確か、トム・モレロとサージ・タンキアンは何かしらの社会的組織を立ち上げて活動されてましたよね。
私も久々にきいてみようっと!
トム・モレロはおそらくゲストとして少しだけ参加したっぽいです。一瞬だけ出てました。見てみてください♪
彼ら熱いですよね。
>たかやんさん

映画は一度DVDレンタルして見てみます!!
S.O.Dも活動再開してほしいですよね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。