スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

たまには読書?

20090810224051

東京からの帰りの新幹線の中で読もうと思って、駅の書店でインスピレーションで買った


「世界怪魚釣行記/武石憲貴著」


言っておきますが、バス釣りは全く出てきません(笑)

でも面白いのですよ~まだ全部は読んでいませんが、著者が世界中の幻の怪魚を追いかけ続ける超ストイックな人生、スケールがぶっ飛んでいて痛快です。


バス釣りだけでなく、たまにはこんな本の読むのも新鮮でとても楽しく感じます。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

この人知ってますわ。
水に浸かって淡水エイとか抱いてる人でしょ?
あこがれるよねぇ。
>EESモリモトさん

 実は今まで存じ上げなかったのですが、この本で初めて知りました。
 世の中にはホントSUGOI人と想像を絶するサイズの大きい魚が居るもんなんですね~と思った1冊です。
 命知らずもこのレベルはカッコいいと感じます。
 

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。