スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

11月28日(水)琵琶湖 ~冬は穏やかが幸せ~ 



 本日は、彦根よりお越しのTさんと上司のHさんがガイドに来てくださいました。


 週明けから、結構な雨と寒さが2日間続いたので、さてその影響やいかに???


 今日も朝から放射冷却の祭りで、車のフロントガラスは凍りついているし、もちのろんで、ボートカバーも凍結バリバリの形状記憶状態!冬ですな~湖西の山も白くなってますがな。


 そんでもって、ボート降ろすと気になる水温10℃台で、少し沖に出ると11℃台。冬本番の最低水温に向けて、ジワジワ順調に低下中でございます。ただ、今日は、ポカポカ暖かい日差しで、ほぼ終日風も無く穏やかな身体に優しい天候だったので、最終12℃台まで水温上がりましたね。


 さすがに、朝の早い時間は喰い渋ることが予想されますので、水温が上がるタイミングに期待しながら、各所走り回ってタイミング待ちも、そう簡単ではありません。

lento_20121128113727.jpg

 もちろん、ブリブリ外れる良質のオオカナダモを狙って何度も流し直しです。



 ふと後ろ振り返ると、Tさんのロッドが曲がってまして、前回のリベンジフィッシュをGET!

lento_20121128110314.jpg

 どうやら、ゲーリーDRAGON LURESのP-SPINというスピナベに変えて、よりWEEDにスローかつタイトに当てて行ったら明確に当たってきたそうです。ナイスローテーションです。


 lento_20121128150532.jpg

 地形の変化プラス良質WEEDが、キッチリある場所は魚も必ず居ております。

PB281575.jpg

 水温の上昇した夕方は、そういうスポットにてアゴバイブで連発。綺麗な40UP


 タイミングさえ合えば、まだまだシャローの魚が釣り易いのですが、次の段階の魚探しもしていかなければいけませんね。


 お二方とも、最後まで集中力を維持して巻き切って頂きありがとうございました。残念ながら、本日初バスボート体験のHさんの方は数回のバイトのみで、キャッチするに至らなかったのですが、また今日の事を参考に、今後の釣りのお役に立てればと思います。決して簡単な時期ではありませんが、チャンスは有りますので、またの挑戦お待ちしております!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。