10月7日(日)琵琶湖 ~何かが変わった南湖~


 本日は、和歌山からお越しになったFさん親子ガイドDAY。


 朝一は流石に冷え込みがある為、一枚上着が必要な秋の気候になってきましたね。水温も更に下がった様子で、22度台の所もありました。


 結果から言いますと、本日は手も足も出ずの大外しガイド。



 父の威厳のチャターフィッシュのこの一本が唯一まともなサイズで、後はライトリグで豆サイズが数本釣れたのみという完全外しっぷりです。


 午前中の感じでどうも様子がおかしい事を感じて、中途半端な場所では限りなく魚触れないと思い、後半は大場所にどっしり腰を据えて強い西風に耐えて激粘りで、終盤にお父さんのネコリグにBIGサイズらしき魚来たのですが、何もさせてもらえず一瞬でラインブレイクでキャッチならず。う~ん、残念。


 その後、最後まで粘りましたがチャンスは再び巡ってきませんでした。なんとか小学3年生の息子さんになんとか釣って頂きたかったのですが、今日みたいな反応の悪すぎる中では集中力の持続が難しく、残念な結果に終わってしまい申し訳ありませんでした。


 あと、話は変わりますが、この10月から環境対策エンジンの適合証ステッカーが適正に貼られていない船を摘発する為の巡視艇がすぐ近くまで確認しにやってくる事が度々あるのですが、今日はゲストさんがキャストしているラインの上を華麗に通過してくれて、おまけにラインを巻き込んだまま走っていき、リールの糸を全部持っていかれてラインブレイクしてしまいました。おもわず文句言いに行ってやろうかと思いましたが、ガイド中という事もありグッと我慢でしたが、次に近づいてこられたら文句言ってやろうと思います。もうちょっと配慮した距離感で巡視を行ってもらいたいものです。





 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)