スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

7月1日(日)琵琶湖 ~3年ぶりのバスの感触は?~


 
 今日は、イールショック釣り部の英国パイク部門ショータ君と、彼の大阪勤務時代の職場上司の方と3人で雨の湖上へ出てきました。

 午前中はほぼアタリらしいアタリも無く、ショータ君が豆サイズを1本キャッチしたのみで終了。昼食はびわこ楽園さんにて上陸し、同じく本日琵琶湖出撃中のEES釣り部員のスゥブラさんと、友人のタカさんと合流。午前中の降りしきる7月の雨の湖上で、皆レインウェアの中までグッショリのズブズブで、もはや雨具の機能すら果たしていない状態。そんな中、既にタカさんは朝一に56センチをキャッチされたとか。スバラシス・・・裏山鹿。

 雨に濡れて冷えた体をリセットして、午後からは気合いを入れ直して、午前中の状況を踏まえて改めて魚探しです。

 午前中のラストに魚探でウィードの生え方をチェックしたエリアですぐに反応あり。
 
P7011492.jpg

 デステキスイミングをひったくったのは、黒々として強そうな45センチ。チャターでも一本追加。

 
 風が弱まったタイミングで、ライテキ展開へシフト。

P7011495.jpg

 丁度、雨も上がり、僅かながら日差しも出て今日一日の中で一番穏やかな時間帯でした。

P7011497.jpg

 ゲーリー6.5inカットテールのライテキをスローに、より丁寧にラインテンションを抜いてコントロールしてあげると、キッチリ反応ありです。

 
 徐々にアタリも頻回に出始め、チャンスタイム突入。

 

 なぜか琵琶湖50UP釣れない病に侵され中のショータ君も、気持ち良さげなフッキングをキメて無事(?)やはり40UPキャッチ。



 これは、Molixさんとこのクローワームにて反応したそうです。
 


 昔は陸っぱりでバス釣りをされていたそうで、3年ぶりのバスフィッシング。馴れないビッグレイクと初のボート釣りで苦戦されましたが、無事に琵琶湖初バスGET! 6.5inカトテのライテキが良い感じ~。糸フケを出しながら、竿には決して伝わらないアタリの取り方のレクチャーでイメージ伝わりましたでしょうか??



 ショウタ君も調子出てきて、気持ち良さそうなフッキングで追加を。これは、Molixさんのリブの付いたワームでHIT!



 BOMBA DAテルさんのデジカモDRY-Tは、昨日の様な激雨でカッパの中までびっしょりの状況でも、短時間で渇いてましたしなかなか良さげでしたよ。



 コツとリズムが掴めたら連発です。やはり、6.5inカトテのライテキが鉄板!


 後半は、なんだかんだでコンスタントにアタリ頻発で、トータルで船中10数本ぐらいは釣れた感じです。ただサイズは伸び悩み、MAXで45ぐらいまでで大体似たようなサイズばかりがまとまって釣れましたので、そういうスクールのエリアだったのかと。


 そして、夕方4時台は、まるで船ごと食洗機の中に放り込まれたかの様な激雨で、辺り一面真っ白のホワイトアウトで全くの視界不良へ。何もさせてもらえず、心折れて1時間程早く切り上げて終了とさせてもらいました。


 今日は雨で濡れネズミな一日でしたが、そんなBADコンディションの中、一日お疲れ様でした。風邪ひかないようにしてくださいね。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

大雨の中お疲れ様でした。いやいや、ことごとく嫌われてますなw 今月はmuchinさんガイド予約ハンパないので、別のルートからまた琵琶湖潜入を企みますw
>RMS_shotaさん

激雨体験お疲れ様でした。しかしながら、琵琶湖の50UPの鉄壁の守備強し!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。