スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

6月3日(日)琵琶湖 ~プチゴチバトルSWORD杯~



 さて、昨日の琵琶湖は、急遽、安曇川のフィッシングショップSWORDさんとこの常連のお客さん達と、琵琶湖で昼飯を賭けたプチバトルを開催することに。


 7名の個人戦で、一匹長寸の勝負。上位3人の勝ち組枠に入らねば、高い昼食が待っています。負けられない戦いがそこに在りますw


 バスボート2艇に分乗して、お互い会話出来る距離感で、同じエリアをシェアしながら、ワイワイ喋りながらリラックスの中にも「負けてなるものか」と内なる闘志メラメラ。


 ncm_0063_2.jpg

 朝の一投目から、ジグヘッドでキャッチ!これを着ると釣れるという幸せの黄色いライジャケ伝説は健在か??

ncm_0065.jpg

 高校生アングラーも順調に数を稼いでいきます。

ncm_0067.jpg

 SWROD小林君艇は、皆順調にライトリグ中心にサクサク釣っていきます。それにひきかえ、僕の船はイマイチ調子に乗れず、しかも気が付くと3人共ベイトでブン投げてなんか巻いてたりとかしますw

ncm_0072.jpg

 ほんと良く釣ります。とあるスポットではバスがテンコ盛りに固まっていて、丁寧に釣るとボコボコに釣れています。

ncm_0074.jpg
ncm_0075.jpg

 浚渫+ウィードの場所では、アフター回遊が回ってきた瞬間にダブルヒットで順番にネットイン!



 てな感じで、午前のゴチバトルの部は終了。結果は・・・

DSC_0692.jpg

 一匹長寸の個人戦ですが、残念ながら勝ち組には入れず、かつ蔵でガッツリ食べて、ガッツリ支払い(涙)



 長めの楽しい昼食を済ませてから夕方までの時間も、2艇でお互いが会話出来る距離でエリアをシェアしながら、ワイワイガヤガヤとフリーフィッシング。

ncm_0076.jpg

 当日最もモッテいた高校生Y君は、SWORD小林君のテキサス道場の成果なのか、きっちりロクマル捕獲成功。

ncm_0077.jpg

 ロクマル釣れたのをすぐ隣で見ていた僕のDDDシャッドジグヘッドには、50UPもキタ~。ラッシュです。バックシートから投げていたロングカーリーテールでも数本40UP追加で、とにかく水を撹拌するカーリーテールへの反応がすごぶる良くて、延々キャストの度にバイトがあります。

DSC_0693.jpg

 トリDシャッドには本気喰いで、すぐに口の奥深い所へ咥え込んでしまいます。ほとんどこんな喰い方ですよw

DSC_0698.jpg

 なかなかバイトの無かったT君にもトリD使ってもらったら速攻で数本のブリブリ40UPをキャッチ!終了時のマリーナ前スロープ待ちでエンジンかけたままエレキも下ろさずにチョイ投げしてもらった一投でドラグ引きずり出してナイスファイトな40UPのドラマあり。琵琶湖のバスはトリD好きなんですね~。


 そんなこんなで、写真に撮り切れない魚もたくさんあって、とても良く釣れた1日でした。アフターのバスが回復してきているので、これからも楽しみです。







(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。