湖上も陸上も



 今日は、午後から時間があった為、丁度湖上に出ていたSWORD小林君に乗せてもらう事になり、わざわざ家の近くまでボートで迎えにきてもらい、家から竿一本担いで歩いて湖上へ。まるで、釣りバカ日誌の浜ちゃん的なノリですね(笑)贅沢な王様の釣りです。

DSC_0506.jpg

 時間にして2時間ぐらいしか出来ませんので、サクッとシャロー寄りのエリアを回ってもらい、3人で巻きまくってきましたが・・・な~んにも反応ありません。日差しは春そのもので温かいのですが、それを打ち消すかのように風が冷たい!釣れそうなんですがね~どうも魚の気配がありません。タイミングも訪れないままTIME UPでボートの部は終了。


 ん?「ボートの部」?


 そう。そんな事で諦めませんよ。「帰りません!釣るまでは!」ということで、3人で軽く腹ごしらえしてから、陸っぱりの部へ突入。

DSC_0507_20120314223718.jpg

 若者T君は、早々に平べったい魚を三枚ほど水揚げし、小林くんも30台のバスを2本程水揚げし、ボートからとは正反対に生命感はアリアリです。


 僕も、ギルバイトは絶え間なくあるのですが、なかなかバスのバイトには至らず、途中から作戦変更し、絞り込んでいた狭い一級エリアから一旦離れ、歩きながら広く探っていき、釣り方のアプローチも変えて狙うラインを変えてみると答えは出ました。

DSC_0508.jpg

 それまでのギルバイトとは異なり、ダウンショットを抑え込むような重量感に、最初は鯉やらかしたかかと思いましたが、何の事はありません。口閉じ尾開き59センチの腹パンのナイスコンディションのプリバスさん。何気に陸っぱりからのパーソナルレコード更新してしまいました!

DSC_0510.jpg

 ゲーリーの『3inch アングリースティック』COLOR No.343 ウォーターメロンブルーギルをダウンショットにて使いました。

 この所、ボートで狙うより陸っぱりからの方が確実に魚を触り易いのですが、アングリースティック、3.5カットテール、レッグワームのゲーリー3兄弟にはかなり助けられています。実際に、仲間内でも同場所でゲーリーワームでデカいサイズも含め、良く釣れているとの事です。

 実はBlogにもあまり書いてはいませんが、この所、時間をみつけては陸っぱりに力を入れて通っていまして、だいぶ状況は把握しているのですが、どちらかと言うと今まで狭いエリアでの釣果が目立ちましたが、今日の魚の釣れ方から考えると今後、釣れるエリアが広がっていきそうです。水中の季節も着実に進んでいるようです。






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

いいの上げてる!!ムキャー。もしかして釣れなかったら18日も夜の部、あるのでしょうか、、、?ウキウキ
極寒の時期からの努力が実りましたな…(*^□^*)


それにしても春のアングリ-はヤバいですなぁ~w(°O°)w

>RMS_shotaさん

お望みとあらば、なんぼでも行きまっせ!

>しゅうへいさん

今頃努力が実りました(笑)
昨日も、行ってましたが、一発ランブレイクで終了。トホホ・・・。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)