10月28日(日)琵琶湖 ~秋の雨は5打数1安打~



 昨日は、いつも大阪より来て頂いているZ様を迎えての琵琶湖ガイドでございました。


 天気の周期的に「釣れる雨日」になるやろなと予想していたのですが、予想に反して厳しい低気圧秋の雨の一日でした。


 朝は天気予報通りの小雨で、良い雰囲気と思っていたものの、途中からどんどん雨足強くなるし、おまけに穏やか予報の風まで吹き出して、濡れて冷えてのガクガクブルブルな・・・。


 朝一は、ゲストさんにストラクチャー絡めてミノーをちょんちょんしてもらったら、速攻で続け様に2本ほど豆サイズが反応。反応良好も予定外のサイズの為、本命のスピナベ場所へ移動。

lento_20121028164632.jpg

 わんさか居たベイトの気配が消えておりましたが、スピナーベイトのバジングで何カ所かある狙いのWEEDパッチを通して頂きます。


 したらば、ゲストさんのSRミニが、エビモを乗り越えて軌道が変わった瞬間に水面盛り上がっての丸見えバイト来た!フッキングも上手く決まりました。絵に描いたような気持ちの良いバイトシーンです。

lento_20121028084403.jpg

 よく見ると、口の外から下顎を貫通してました。つまりは、ブレードにバイトしてきた魚を上手に合わせて顎下フッキング成功したケースですね。スピナーベイトやってると時々ある事です。


 その後も、1日の80%ぐらいをナベバジングで巻き通して頂きましたが、追加で4回反応があり、うち2本はロッドに乗ったにもかかわらず、ファイト中に身切れでバレてしまう不運。ゲストさんに来たのが、なかなか良さげなサイズだったので残念!


 雨が降っている最中の方が、バジングへの反応は良かったのですが、後半雨が上がってからは反応がどんどん悪くなってしまいました。


 その後も、考えられる場所をチェックしましたが、生命感は得られなく、無の時間が続き、追加出来ずに終了となりました。


 雨に濡れて体冷える中、終日頑張って巻き続けて頂きありがとうございました。せっかく何度かチャンスがあっただけに獲り切れず残念です。巻き続けて疲労物質で腕が疲れていると思うので、しばらくゆっくり休めてくださいね。





 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

10月21日(日)琵琶湖 ~巻きはダメデスカ?~


 昨日は、ゲストにイールショック釣り部からスゥブラ氏と、雷師のライギョマン氏を迎えての出撃。


 夜中からの放射冷却で、ガッツリ下がりましたよ水温。朝は防寒着欲しい季節になりました!


 でも、スピードとリアクションでカウンター狙いたいので、朝から巻いてもらいます。


 スピナベもチャターも反応ナッシング・・・


 では、放射冷却に強いドシャローカバーは?雷ブラザーズお二人にに、十八番のフロッギングで剛毛地帯の奥まで攻め込んで頂きますが、生命反応ほぼありません。


 燦々と降り注ぐ太陽に汗ばむぐらいの陽気。10月後半ですが暑い。


 めげずに巻いて巻いて・・・



 時計の針も11時迎えようかという時に、ようやく巻いてGET! ライギョマン初チャターフィッシュおめでとうございます。


 も・・・単発。


 あらゆるエリア巻いていくも「しーん」


 日差しおかげで水温も暖まってきたオーバー20℃のタイミングで、だ~れも居ないシャローカバーエリアへIN


 もちろんお二人は、フロッギング専門で流していくと・・・


 なんか居ますけど?


 スゥブラさんの6inノーシンカーにミスバイト「ライギョだね~」と言ってもう一度通してみると。


 絵に描いたような美しい水面バイト!「やっぱりライギョ~」とか言いつつ、寄せてみると「なんか黒いんですけどw」で、あがってきたのは↓

PA211561.jpg

 48のナイスコンディション!ブラさん仕留めました!

lento_20121021130930.jpg

 その後も、バス?ライギョ?思わせぶりな水面ミスアタック等続いて反応あるんですが、獲れません。


 昼からの結構長い時間、丁寧にカバー攻めてもらいましたが、追加なく、太陽も傾く夕方に期待で、再び巻いて巻いてもらいます。ギル&ハスっ子も盛りだくさんで期待値高いですが、何故かやはり無反応。ホント巻きに厳しい日です。


 最後まで、手を止めることなくやり切って頂きましたが、チャンスも巡って来ず終了となりました。

lento_20121021170149.jpg

 アフターは、膳所の「かつくら」で、お腹はガッツリ

lento_20121021182005.jpg

 見事なドSっぷりの琵琶湖にやられてしまった一日。お疲れ様でした!






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

10月17日(水)琵琶湖 ~秋の雨濡れ鼠GUIDE~



 本日は、澤ちゃん&ご近所のTさんペアガイドDAYでした。

 
 いや~ キイテナイヨ!


 雨降るの予報より早過ぎ!


 予報より荒れ過ぎw

 
 秋の雨に打たれて冷たい一日でした。

lento_20121017055932.jpg

 この美しい朝焼けの時点では、天気予報通りやね~とか爽やかに思っていたのに・・・。


 朝は、最近好調の浚渫&WEED+ベイト的なエリアに一目散に向かうも、ベイトの姿見えず。どこかへIDOされたご様子で。とりあえず、澤ちゃんのジグヘッドに一本安心フィッシュきましたが、どうもゲッソリして餌食えていない感じ。何か違うので、本日のパターンからは削除。


 続いて、秋のベイト絡みで毎年デカイ魚来る地形変化&エビモ(通称コマツエビモ)にて、スピナベのバジングでチェックして頂く。すると、澤ちゃんの手返し重視のシングルウィローのナベに楽勝ゴーマル越えがモンドリバイト!しっかりフックUPもファイト中に身切れの為か、フックOFF・・・デカかっただけに残念・・・。


 そこから、想定外の嫌な東の爆風が!風裏展開で、東岸渡るも今日は風向きがぐるぐる変化して、移動する度に風向きが変わるややこしさ満開。


 再度西岸へ渡り、チャタ場でTさんのチャターに3連発。


 い~ち
PA171556.jpg

 に~~の
PA171557.jpg

 さ~~~ん!
20121017_103542.jpg

 で、順番にサイズUPで、40UPまで成長しました。


 その後は、南エリアへ下りましたがNO感じ。


 再度、チャタ場チャレンジをしてもらうも、こちらもNO感じ。


 充分時間も空いたので、満を持してのスピナベバジングチャレンジして頂きに行きました!


 したらば


 ド~ン!
PA171559.jpg

 今日はモッテルTさん。ぶっとい50.5モンドリ捕獲成功!朝もそうでしたが、バイトの瞬間丸見えで大興奮な、このバジングフィッシュ。きっちり、朝の仇は討ちましたね。おめでとうございます。


lento_20121017145336.jpg

 天気予報より雨の降り出しが早まったり、めまぐるしく変わる風の方向に翻弄された一日でしたが、厳しいながらも反応は得られる為、なんとか心折れずに最後まで頑張ってもらえました。

 
 秋の冷たい雨に打たれる一日でしたが、お疲れさまでした。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2012近畿ブロックチャンピオンシップ



 昨日は、兵庫県の東条湖にてNBCチャプター近畿ブロックチャンピオンシップが開催されるので、運営に参加してきました。


 今年は、アイウェアSWANSでおなじみの山本光学さん、シンカーなどの様々な便利小物類をリリースされているアクティブさんが会場にてブース出展して頂きましたよ。

moblog_99d8658d.jpg
moblog_2c6425fd.jpg

 近畿ブロックの各チャプターから勝ち抜いた選抜選手117名が集結して、今年も非常に盛り上がった大会となりました。大会結果は→コチラ

moblog_4707690d.jpg

moblog_e73d0820.jpg

 参加された選手の皆さん、運営スタッフの皆さん、各関係者の皆様お疲れ様でした。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キレない紐




先日、しゅうへい君より頂いた、ニュータイプのエレキ紐「G-Force Handle」

パッケージには、エリートプロのジェラルド・スウィンドルがいます。

ワイヤータイプで、切れないというのが売りのようですね。まだ、取り付けてないので、また次回、取り付けてからインプレしてみます!

しゅうへい君ありがとう♪




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

初の筏フィッシングに挑戦!!



 僕は年がら年中、琵琶湖でブラックばかり追いかけているので、たまには違う魚の釣りをしたい欲が沸々と湧いてくるわけですよ。そこで、丁度タイミングも合ったこともあり、昨日、福井の小浜湾のへ筏のチヌ狙いへ行ってきました。

lento_20121010052410.jpg


 いつもと違う潮の匂い、違う船にテンションも上がるというものです。もちろん、筏の釣りは初チャレンジなので、全てが新鮮。

lento_20121010071338.jpg

 道具の持ち合わせも無いので、今回誘ってくれた澤ちゃんに全て準備してもらい、僕は釣るだけの大名フィッシングww

CA3I0092.jpg

 色々教えてもらいながら、見よう見まねでやってみますが、そう甘くはないのが世の常。


 モーニングフィッシュは・・・

lento_20121010071325.jpg

 高級魚の「アコウ」来た。ただ、この魚がアコウである事は後で気付いた訳で、僕は何の魚かわからず速攻でリリースしてしまいましたがな(涙) モッタイナイ

 澤ちゃんに来たアコウは持ち帰り、捌いて食べたそうですが、案の定めちゃ美味かったと。

lento_20121010083242.jpg

 流石にやり込んでいる人は、コンスタントに狙いのチヌGETしていかはりますよ。明らかにアングラーの経験・技術が釣果に直結する感じで、初挑戦の僕には全く釣れません。正確には、僕にもアタリ来ているのだけどアワセのタイミングが悪い為、釣れないという現実。僕の釣座に来て釣ってもらうと、あっさりチヌ釣れる訳ですよww もう、ひたすら釣りの動作を観察して技を「盗む」事に徹しました。


 そうこうしているうちに、渡船のおっちゃんが、昼の弁当を配達してくれる時間に。しかし、僕は未だゼロ。悔しいので釣れるまで弁当食べません!食べられません!

lento_20121010124446.jpg

 ですが、ひたすらアワセのタイミングを見て盗んだ甲斐あって、無事に筏チヌデビュー致しました。感激デス。

lento_20121010131800.jpg
CA3I0096.jpg

 デカいボラに遊んでもらったり・・・(相当引くので面白いのですが、ヌルヌルで気持ち悪い)

PA101554.jpg

 上級者は、コンスタントに枚数を重ねて、澤ちゃん7枚、僕3枚の大差に。


 チヌ×10(MAX25センチ)
 アコウ×2
 ボラ×2
 フグ×2
 サヨリ×多数(お土産用)
 コノシロ×?


 シンプルな道具、餌の選択、ダンゴの硬さ調整など、想像力掻き立てられるエモーショナルな釣りで、なかなかやり込み甲斐のある釣りでハマりそうな・・・

PA101553.jpg

 筏楽しい!






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

10月8日(日)琵琶湖 ~釣るなら午前!午後はデスレイク~



 さて、本日は更に難易度UPの連休最終日の琵琶湖です。夜の放射冷却で昨日より朝の冷え込みが強く、水温は22度台スタート。日に日に秋が深まっていくのを感じるそんな朝です。



 今日は、穏やかな朝で、魚探に映るベイトの反応が非常にゴージャス!!良い感じで期待が持てます。


 因みに追われているベイトの正体はコチラ↓

lento_20121008155954.jpg

 最近、南湖の至る所で見掛けるハスっ子ですね。


AM7:20


 開始早々、あっさり魚からの反応あり、モーニングをキャッチ! ゲーリーの『5" LAMINATE PRO-SENKO』(COLOR No.938)の1/16ozのジグヘッドワッキー。

AM7:37
PA081549.jpg
lento_20121008074003.jpg

 続けて、同じスポットから、出目金系の丸々と太ったナイスサイズを追加。これも、プロセンのジグヘッドワッキー。ウィードからハングオフした瞬間に喰ってくれました。

AM9:57
PA081550.jpg

 浚渫ブレイクに絡む狭い範囲のウィードのピンスポットから、またまた、プロセンワッキーにて追加。ハスを追い回している、大小いろんなサイズのバスのボイルしまくりで、風も無く穏やかな湖面が騒々しいです。そんなエリアにて。

AM10:39
PA081551.jpg

 同じエリアにて、しゅうへい君もパワフルファイトな餌喰い45捕獲成功。ジャバシャッド(小)のノーシンカーにて。ハス喰いバスには、ワームサイズ合わせてマッチ・ザ・ベイトでイチコロです。小さいサイズが反応して釣れてしまう事も多いですが、厳しい今の琵琶湖ではアタリがコンスタントに続くちょっとした癒しですww そんな感じで、癒しフィッシュも数本追加して午前の部終了。


 ここまでは・・・


 この後、北寄りの風が吹き出した午後に突入してからは、急激にバス、ベイト共に反応や気配が無くなってしまい、あらゆる事を試してみましたが全く釣れなくなってしまいました。午後の部は、唯一、終了間際に、プチドラマフィッシュとして癒しサイズを、しゅうへい君が追加したのみに終わりました。ちなみに、終了時の水温も22℃台で、一日通して水温は全く上がらない一日でしたね。なかなか手強い琵琶湖です。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

10月7日(日)琵琶湖 ~何かが変わった南湖~


 本日は、和歌山からお越しになったFさん親子ガイドDAY。


 朝一は流石に冷え込みがある為、一枚上着が必要な秋の気候になってきましたね。水温も更に下がった様子で、22度台の所もありました。


 結果から言いますと、本日は手も足も出ずの大外しガイド。



 父の威厳のチャターフィッシュのこの一本が唯一まともなサイズで、後はライトリグで豆サイズが数本釣れたのみという完全外しっぷりです。


 午前中の感じでどうも様子がおかしい事を感じて、中途半端な場所では限りなく魚触れないと思い、後半は大場所にどっしり腰を据えて強い西風に耐えて激粘りで、終盤にお父さんのネコリグにBIGサイズらしき魚来たのですが、何もさせてもらえず一瞬でラインブレイクでキャッチならず。う~ん、残念。


 その後、最後まで粘りましたがチャンスは再び巡ってきませんでした。なんとか小学3年生の息子さんになんとか釣って頂きたかったのですが、今日みたいな反応の悪すぎる中では集中力の持続が難しく、残念な結果に終わってしまい申し訳ありませんでした。


 あと、話は変わりますが、この10月から環境対策エンジンの適合証ステッカーが適正に貼られていない船を摘発する為の巡視艇がすぐ近くまで確認しにやってくる事が度々あるのですが、今日はゲストさんがキャストしているラインの上を華麗に通過してくれて、おまけにラインを巻き込んだまま走っていき、リールの糸を全部持っていかれてラインブレイクしてしまいました。おもわず文句言いに行ってやろうかと思いましたが、ガイド中という事もありグッと我慢でしたが、次に近づいてこられたら文句言ってやろうと思います。もうちょっと配慮した距離感で巡視を行ってもらいたいものです。





 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

10月3日(水)琵琶湖 ~台風後初GUIDE~



 先日の列島縦断台風17号が通過してから、初めての湖上へ出てきました。


 本日は、京都の伏見から始発電車に乗って来てくれたので、最寄駅までの車で送迎付きガイドですww


 さて、湖の様子ですが、表水温は一気に落ちて24度ぐらい。洗堰の放水量が多いので湖流の強い沖ラインは次から次へと濁った水が流れていて、地形的に影響を受けにくいワンドのインサイドは、まだ濁りが回ってない場所もちらほら。ただ、放水量が絞られたら全面的に濁りが回るのは時間の問題。シャローでもWEEDが刈り取られているんで、濁りの水をブロックできない場所が多いと思われます。


 こういう状況では、素直に濁りと湖流が強い時の定番の釣りをすれば良いだけなので、逆に狙いは絞りやすいので、場所選びは結構シンプルなのです。
 

 一カ所目は、こういう状況だからこそ敢えて濁りエリアで流れが強い場所にある、ピンスポットで魚を寄せる「モノ」狙い。

lento_20121003072815.jpg

 やはり居てますね!ヒデ2投目で速攻反応ありで40UPゲット。DSで丁寧にきっちり狙いのコースを通してあげる事が大切。

 lento_20121003072853.jpg

 はい。魚溜まってますよ~。しかし、やはり似たようなサイズ。魚体もいかにも濁りの中で過ごした色に変わってます。
 
lento_20121003074848.jpg

 湖流があるうちは釣れ続くんですが、いかんせんワンパターンで飽きてくるので、連チャンで3本ほど抜いたところで、サイズを求めて移動。


 濁りと湖流強い時の定番浚渫パターンもチェックです。

lento_20121003084456.jpg

 ポロポロ飽きない程度に魚からの反応はありますが、MAX45まで。ぶっとい魚が釣れなくなりましたね。

DSC_0223.jpg

 ジャングラTXをスイミングさせたら不意に中層で喰いましたが、やはり痩せてます。台風絡みであんまり餌食べられてないんでしょうね。


 釣れ続くんですが、サイズUPは難しそうなんで、これも定番のインサイドWEEDの適度な笹濁りが入っている場所をチャターでサイズUPを狙います。

lento_20121003155448.jpg

 2本だけ釣れたのですが、やはりこちらの方が正攻法で、魚のコンディションよろしです。45まででしたが、餌喰って太っています。魚体の色も黒く焼けて全然違いますよね。


 最後は帰りの駄賃にと、ドラマ狙いでラストキャストしてもらうと・・・


 「喰うてる!喰うてる!もってけ~」

lento_20121003162703.jpg

 ドラマ魚きましたが・・・う~んガリクソンww でもまあ、最後キッチリ締めてくれたので良しとします。

 
 デカいサイズだけ狙うなら、動きの大きいルアーで、頑張ってレンジを合わせて、リアクション狙う方が正解な感じでしょうね。そんな印象の台風後の一日でした。



 アフターフィッシングは、ヒデと二人での梅原水産さんへお邪魔してきました。僕はお初です。

moblog_a66385ce.jpg
moblog_f42dc29c.jpg

 普通の店では有り得ない、新鮮なネタと豪華過ぎるボリュームの海鮮丼で満腹!そして出来たてのホヤホヤの練りもんを頂いて大満足♪ また行きます!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)