春アイテム着弾しました



 幸せの白い箱着弾!


 いつもお世話になっている、ゲーリーインターナショナル様より、お願いしていたブツを無事に受け取りました。





 現在も陸っぱりでは、もはや鉄板!絶賛活躍中のアングリーさんや、レッグさんなどの小粒でピリリとパンチの効いたワーム類を中心に送って頂きました。



 またスポーン絡みアングリー劇場の時期が、もうすぐやって来ます。う~ん、楽しみ♪


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

デリ子PUNK!




 明日のガイドの準備でもするべと思って車に近づくと、なんだか少し傾いているような…


 気のせい?もしや?アレΣ(ノд<)


 見事にパンクしてまんがなorz


 とりあえず、スペアタイヤに交換ですが、なんにせよ四駆サイズのデカいタイヤはアホ程重たい訳で、腰は痛いし腕はぷるぷるだわで、そりゃ大変ですわ。


 まあ、そろそろ磨耗具合からタイヤ交換のタイミングやったので、買いに行ったものの、今この手のタイヤはどこも店頭在庫なく、メーカー在庫のみで取り寄せだとか。昔は普通にあったような気がするんだけど。


 なんにせよ、痛い出費。色んな物が壊れる周期なのか、嫌な予感します。ハァ~





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

皆さんもう読まれましたか?




 今月号のBasser誌みなさん既に読まれましたでしょうか?表紙はMr. TO!熱いメリカントーナメントのゾクゾクするようなリアル満載で読み応え満点です。

 そして、イールショックモリモトさんの、バスフィッシングは世界を救うのコラム連載100回突破記念で、見開き4ページにわたって、アマケンさんとの対談が特集されています。バスフィッシングの未来の為に皆さんしっかり読んでおきましょう!モチロン買うのですよ。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

初バスおめでとう

 

 このblogでは、毎度お馴染みの相棒しゅうへい君ですが、すっかり負のスパイラルで、ボート&陸っぱり共に、未だ本年度のバス水揚げが無かったので、このblogに画像での登場がすっかり無いまま時が経過していましたが、昨日のナイト出撃でようやく2012年初物Getの喜ばしいメールが届きました。

2012032921370000 (1)

 サイズこそ可愛らしいですが、正真正銘の2012年の初バスです。去年も苦戦して4/1が初バス日だったから、去年を上回るペースですぞ!若干ですが(笑)あとはサイズ上げて行くだけや!そろそろ溜まったストック放出させてエエのん仕留めましょうぞ♪


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ちょこっと夕方偵察


 
 夕方のハイタイドの時間に合わせて、ちょこっと散歩がてら陸っぱる。

 手持ちの残り4本のアングリースティックだけを握りしめて・・・。



 先週末から毎日爆風が吹き荒れっ放しの琵琶湖ですが、今日も例に漏れず爆マーク。丁度、風下になる為、湖岸に立つと打ち付ける波しぶきで結構濡れてしまう程。風が強すぎて、ライトリグ投げても何をしているかすら判らないですやん。しかし、まあそこはメンディングの鬼になって、ギリギリのラインコントロールで頑張るのです。

DSC_0536.jpg

 あっさり釣れてしまいましたがな。さすが、鉄板!アングリー様様です。なかなか浮いてこないので、良いサイズかと思いきや、ただのちびっ子サイズでした。

DSC_0537.jpg

 小さな口で、アングリー丸呑みの欲張りな平たい魚もおまけで釣れましたよ~。

 
 アングリーは、必ず魚を連れて来てくれるんで、ホンマええ仕事しますね。
 


 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

黄砂の雨のち晴れ



 ウチのデリ子ちゃん、黄砂の雨に打たれて、こ汚いお姿に…。凄い量の砂ですわ。琵琶湖にも沢山堆積してるんでしょね。バスもアレルギーになりまっせww


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

3月25日(日)琵琶湖 ~もう食べれません!~




 今日は、昨年の8月以来、久し振りにフィッシング・ショップSWORDさんの常連のお客さんとの番外編琵琶湖ボートでの焼肉を賭けたゴチバトル(前回の模様はコチラ)で、爆風の琵琶湖と戦ってきました。
 


 厳正なる抽選の上、バスボート4艇のチームにわかれて、キーパーサイズ30センチ以上、バックリミット5本の重量勝負のチーム戦です。天気予報は朝から超荒れ予報であったので、前日に中止するかどうか検討するぐらいでしたが、前日も荒れ予報でありましたが、結局釣りが出来ないレベルではなかったので、出て可能なら続行、危険と判断したら終了という事でスタート。


 西の強風でしたが、時間と共に更に荒れるであろう前に、先週見つけた東岸沖の魚の溜まっているウィードパッチを触りに行こうと思い敢えて風下チャレンジでしたが、やはり波の圧力強しで二流しぐらいで断念。切った波を被らない様に風上に向けて西岸の風がマシなエリアへ即移動。


 まあ、そんな状況ですから、風裏西岸にはボートだらけ。ボートの隙間を縫うようにデッドスローでウロウロ。しかしながら、まあ釣れません。まずアタリすら一切出ませんし、周りのボートも誰も釣れていない。そこで、なるべく人の密集していない場所で、尚且つ漁師の刺網が入ってない場所の2.5~3.0メートルラインで反応が出だし、一カ所でまとめて釣れましたね。丁度、下爆のSB艇もやって来て、ほどなく初バスをキャッチしてはりました。


 ただ、3人で色々試しましたが、巻きの横の動きにはすごぶる反応悪く、一切バイトありませんが、唯一、ジグヘッドのミドストと、軽いハングオフには当たる状況で、ほぼジグヘッドでしか釣果があがりませんでした。難しいねえ。

NCM_4095.jpg

 本日の竿頭のヤングマンT君は、ジグヘッドで7本程釣ってくれました!上手です。

NCM_4096.jpg

 Tさんは、苦戦されるも粘りで一本一番良いサイズを水揚げ成功!


 船頭は、シャッドで最小サイズを一本のみww



 14:30帰着にて、他のボートが釣れているかどうかの中、やはり厳しく、2位のSWORD艇に若干20グラム程の僅差で競勝ち、大事な焼肉勝負一番の座を頂きました!!


DSC_0531.jpg

 タダで頂く特上焼肉はこの上なく最高♪もう、しばらく肉は見たくありませんね~。食べすぎました。


 ということで、非常に厳しい天候の中、皆様お疲れ様でした。爆風、雨、霰と厳しい寒さで、一撃で酷いしもやけになってしまって、手が非常に痛いです。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ガイド予約御礼と空き日のお知らせ



 4/1(日)、4/15(日)、4/30(月) に琵琶湖ガイドご予約頂きましてありがとうございます。


 4月残りのガイド可能日は、4/8(日)、4/29(日)となっております。併せて宜しくお願い致します。



 今まで流し放題だった洗堰の放水量も、ここにきてようやく下げてくれたので、今後は徐々に増水へ向かい、濁りも入り釣り易い状況になる事に期待持てますね。いよいよ本格的なシーズン突入です!!今年も琵琶湖ガイド頑張りますよ~♪


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

3月20日(火)琵琶湖 ~釣れません!ハイ!~



 昨日も琵琶湖出ておりましたよ。相棒のしゅうへい君と出撃です。


 今日は、勝負場所のシャローは水温の上昇とタイドの動きに期待して午後に温存で、朝から珍しくフィネスな展開?というか、僕が最近陸っぱりで好調エリアをボートから視察を!というやつです。丁度、下爆のシャイロキャプテン艇とバッティングし、様子を聞くと釣れていないとのこと。魚探の画面を見ながら様子を伺いますが、どうも生命感に乏しいのです。陸からバス&ギルともにコンスタントに釣れるので、あまりの反応の無さに頭は???一体どこに潜んでいるのか興味深々です。


 その後も浚渫や地形変化のコンタクトしてきそうなポイントを見て回りますが、やはり・・・無。縦ストもビシバシ撃ちますが、やはり・・・無。困りものじゃわい。そんなこんなで、あっという間に午前の部終了。

DSC_0524.jpg

 午後からは、本命場所でシャロクラ巻いて、カバーにテキサス捻じ込んで、僕のテキサスにカバー裏の見えバスのミスバイト一回。しゅうへい君のテキサスにバイトもすぐ離す事が一回あったのみ。夕方近くようやくまともに風が吹き出したので、ミドルレンジで巻き勝負。魚が固まっている場所もありましたが、ま~ったく反応しはりません。巻きだすと風弱くなるし、ライトリグ使いだすと風吹き出すし、琵琶湖の神様の嫌がらせかと思いました(笑)ってな事で、NFでございました。

DSC_0525.jpg

 水温高い場所では、MAX13度少々あるエリアもありました。鯉も乗っ込み始めている感じです。シャローの亀さんも活動開始していますね。


 今日になってようやく洗堰の放水が一気に減り、今後、水位と水温の上昇が見込めるでしょう。そして、今回の新月大潮。さて、どう動くか非常に楽しみです。そろそろX-Day来ますね!!







 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やはり買い替えDEATH!




 急にエレキのパワーなくなり、「故障かな?」と焦りましたが、どうやら、バッテリーさん一発ご臨終になられた模様で、急遽Pさんへ買いに逝って参りました。


 今の季節が、僕は年間通して唯一エレキ踏む時間が多い釣りをするので、これは仕方ないですね。基本的に僕はエレキ踏むのが嫌いです(笑)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

3月18日(日)琵琶湖 一年の成果は壁を突破できるのか?



 昨日は、ブロ友でイールショック釣り部のショータ君と二人で琵琶湖に出ておりました。イギリスはロンドンのカナルパイク釣師の彼が、日本に帰国して初めて一緒に琵琶湖で釣りをしたのが、丁度一年前(当日の模様はコチラ)だったので、この一年間の日本での釣りの成果を確認する大切な再スタート地点。大阪から東京へ転勤になったにもかかわらず、わざわざ琵琶湖にやってきてくれました。


 朝からベタ凪で、西岸は見るからにクリアウォーター化しており、風が出るまでは東岸の濁りの中で勝負する事に。水深1メートル前後のシャローで釣りをしていると、船のエレキにびっくりしたのか、すぐ目の前で50後半はあるお腹パンパンの太い奴が、もんどりうって水面でヒラ打ちながら逃げていきました。やはり自分のエリアに狙っているサイズの魚が動いて来ている事が確認でき、2人してテンションも上がるってもんです。


 いつバイトあっても大丈夫な緊張感を保ちながらクランク巻いてもらいますが、歓喜の時間はなかなか訪れません・・・。ようやく来た貴重なバイトもあっさりフックオフ。


 もうひとつの展開のカバー撃ちでは、すぐ目の前のボートアングラーに50後半あり、いかにも太く重そうなビッグサイズを抜かれてしまい、エリアにその手のサイズが居ることは嬉しいことなのですが、案の定自分たちには待ち望むバイトはやって来ず、撃ち尽くしてから西岸の様子を見に。


 ですが、西岸はベタ凪どクリアのままの状態の為、釣りする気さえ起きずに、最後まで東の濁りエリアで狙いきることに腹をくくり、Uターンで対岸移動。もう一度、午前のエリアに入り直していきます。


 午後からの変化に期待して丁寧に攻め続けますが、個体が少ないのか、タイミングを逃しているだけなのか、魚からの反応は無く、時間目一杯頑張ってもらいましたが、一年越しの歓喜の瞬間は訪れることなく、残念無念のノーフィッシュにてショータ君の2012年琵琶湖チャレンジの幕開けとなりました。

DSC_0514.jpg

 いつもの唐崎天一にて、こってり幸せ。

 
 腹を満たした後、最近上がり調子の陸っぱりに挑戦してもらう話だったのですが、急遽ショータ君が大阪へ戻らなくてはいけなくなり、陸っぱり編は実現せず。時間があるので、僕のみで夕方から短時間で様子見てきました。

DSC_0522.jpg

 あっさり25~30ぐらいまでが3本釣れましたね。殆どがギルのバイトなのですが、たまにバスが混じります。溺愛のアングリースティックが活躍しております。ボートから釣れなかったのが残念ですが・・・。






 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

湖上も陸上も



 今日は、午後から時間があった為、丁度湖上に出ていたSWORD小林君に乗せてもらう事になり、わざわざ家の近くまでボートで迎えにきてもらい、家から竿一本担いで歩いて湖上へ。まるで、釣りバカ日誌の浜ちゃん的なノリですね(笑)贅沢な王様の釣りです。

DSC_0506.jpg

 時間にして2時間ぐらいしか出来ませんので、サクッとシャロー寄りのエリアを回ってもらい、3人で巻きまくってきましたが・・・な~んにも反応ありません。日差しは春そのもので温かいのですが、それを打ち消すかのように風が冷たい!釣れそうなんですがね~どうも魚の気配がありません。タイミングも訪れないままTIME UPでボートの部は終了。


 ん?「ボートの部」?


 そう。そんな事で諦めませんよ。「帰りません!釣るまでは!」ということで、3人で軽く腹ごしらえしてから、陸っぱりの部へ突入。

DSC_0507_20120314223718.jpg

 若者T君は、早々に平べったい魚を三枚ほど水揚げし、小林くんも30台のバスを2本程水揚げし、ボートからとは正反対に生命感はアリアリです。


 僕も、ギルバイトは絶え間なくあるのですが、なかなかバスのバイトには至らず、途中から作戦変更し、絞り込んでいた狭い一級エリアから一旦離れ、歩きながら広く探っていき、釣り方のアプローチも変えて狙うラインを変えてみると答えは出ました。

DSC_0508.jpg

 それまでのギルバイトとは異なり、ダウンショットを抑え込むような重量感に、最初は鯉やらかしたかかと思いましたが、何の事はありません。口閉じ尾開き59センチの腹パンのナイスコンディションのプリバスさん。何気に陸っぱりからのパーソナルレコード更新してしまいました!

DSC_0510.jpg

 ゲーリーの『3inch アングリースティック』COLOR No.343 ウォーターメロンブルーギルをダウンショットにて使いました。

 この所、ボートで狙うより陸っぱりからの方が確実に魚を触り易いのですが、アングリースティック、3.5カットテール、レッグワームのゲーリー3兄弟にはかなり助けられています。実際に、仲間内でも同場所でゲーリーワームでデカいサイズも含め、良く釣れているとの事です。

 実はBlogにもあまり書いてはいませんが、この所、時間をみつけては陸っぱりに力を入れて通っていまして、だいぶ状況は把握しているのですが、どちらかと言うと今まで狭いエリアでの釣果が目立ちましたが、今日の魚の釣れ方から考えると今後、釣れるエリアが広がっていきそうです。水中の季節も着実に進んでいるようです。






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

15年目の日程出ました





 創立15年目を迎えましたシモバクトーナメント。今年の日程が決まりました。

2012シリーズ開催日程

第1戦…4月21日(土)
第2戦…5月3日(木)
第3戦…5月27日(日)
第4戦…7月29日(日)
第5戦…8月26日(日)
第6戦…9月8日(土)
第7戦…10月13日(土)
最終戦…12月9日(日)

5/8で競います。関係各位さま今年もよろしくお願いします!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

GOD BLESS OZZY OSBOURNE


 先週の土曜日は、楽しみにしていた『GOD BLESS OZZY OSBOURNE~オジー降臨~』が、ようやく京都で封切りとなった為、さっそく京都みなみ会館へ見に行ってきました。


 映画『ANVIL』のような、感動ドキュメントでは無く、生々し過ぎる波乱万丈リアルドキュメント。極端に天国と地獄を行ったり来たりの狂気のロック人生。本人も映画中で言ってましたが、よく今まで無事に生きていれたなと。納得。


 もちろん不慮の死を遂げるランディー・ローズのくだりももちろんあるのですが、今まで写真とかでしか見た事なかったランディーの肉声が聞けたのはちと感動。爽やかなシャイボーイやんww


 まだしばらく京都では上映するようなので、機会ありましたら是非どうぞ。もちろん、お客さんの年齢層はかなり高めですよ。

DSC_0492.jpg

 先着順でオジー降臨のポスター頂きました。が、狭い我が家には飾る場所も無いし、コレクションする趣味も無いので、熱烈なオジーファンの方いらっしゃましたら差し上げますよ(笑)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

映画館なう。



 今日はエア・デート気分で、一人映画館へ来ています。

 観賞するのは「オジー降臨」。ようやく地元で封切りですわ。

 もうすぐ開演。楽しんでくるでござる。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)