バサーの表紙



 亀山四天王。チームクビ覚悟の二人を忘れてませんか、バサーさん(笑)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

9月23日(金)琵琶湖~台風その後~


 23日は、琵琶湖ガイドでございました。

 朝から寒いです。長袖とパーカー着込んで丁度よいぐらい。台風一過で一気に気温も下がりました。水温は?バッチリ下がっておりますよ。台風の冷たい雨の流入で一気に湖が冷やされた感じ。急激な変化後の琵琶湖や如何に。


 濁りはメインチャンネルを中心に広がっていて、シャローに関しては濁りの影響を受けていない感じの為、今日もシャローカバーのパンチ展開が一番手堅いと考え、ほとんどの時間を各シャローのカバー撃ちに費やしました。


 ゲストさん二人には、黙々と撃ち続けてもらいますが・・・が・・・極端にバスのアタリが出ません。そんな中、貴重なバイトをゲストさんがフッキングに成功されたのですが、ファイトの終盤にカバーにスタックしてしまい、ボート突っ込んで回収に向かったのですが、敢え無くカバーの中でフックオフしていました。気を取り直して、釣り返して頂いたらいいと思っていたのですが、今日は全くでバイトしてきません。居るのはわかってるんですが…。そんな感じで、あまりにバイト無い為、途中シンカーの重さを軽くして頂いたり調整してみたのですが、それでも2バイト程出ただけで、いずれもワームのテール部分に歯形残すだけのショートバイトに乗せきれず終わっていました。


 その後も、シャロー寄りの濁りの回っていない場所を撃ったり巻いたりして頂くも、やはり出ない。あまりに出ないので、濁りで敬遠していた沖スポットに入ってみると…。

 


 ゲストさん、あっさりキャッチ。ゲーリーのスレンダーグラブ7グラムTXで、餌喰って太ったナイスコンディションです。ベイトらしき魚影の反応もあって良さげですが、濁りもありますし簡単ではありませんね。

 その後は、僕が投げた10インチカットテールのネコを、ゲストさんと喋りながら放置気味にしている時に、いきなりのひったくりバイト!すかさずアワせましたが、一瞬でロッドがフルロックして何もさせてもらえないままラインブレイク(涙) その後も時間ギリギリまで粘って釣りましたが、追加は無しで終了となりました。濁りと水温低下に翻弄された感じの一日でした。ただ、そんな中でもやはり活路はありそうなんですが、喰わせるタイミングが非常にシビアそうですね。う~ん難しい台風後の琵琶湖です。

 ほぼ一日重たいシンカーを振り回して頂いてありがとうございました。なんとかキャッチして頂きたかったんですがまた挑戦してみてください。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

9月19日(月)琵琶湖~パンチdeデート~


 19日も琵琶湖ガイドでございました。

 今の琵琶湖は、ミドル~沖にかけて、限りなく魚からの反応が悪く気が遠くなってしまうので、もう最初から魚居てるエリアで確実にバス釣って頂く作戦で、丸一日ほぼパンチ縛りでいく事に。

 まず、ファーストエリアで、カバーへのキャスティングアプローチの方法からパンチレクチャーを開始。1.5オンスシンカーでもキャストが綺麗にキマらないと上手く貫通出来ないので、撃つスポットにあった正しいアプローチが非常に大切です。落としてナンボの釣りですから手数とキャストの精度が釣果に反映する類の釣りですね。

 何度も丁寧に、肝になるストレッチを流して無事キャッチ成功。

P9191393.jpg

 力強いファイトの末、あがって来たのは、46センチのナイスなコンディションのお方。


 エリアチェンジすると、なんとまあ一番撃ちたいカバーのピンスポにきっちりフローターの方が張り付いておられ、実際にナイスサイズをキャッチされておられました。よくポイントを理解されておられますね。空き待ちで近くのカバーで釣りながら順番を待ってから、本命の場所を撃って頂きます。今日はバイトの数が少ないものの無事キャッチ成功です。

P9191396.jpg

 餌喰って、お腹パンパンのナイスコンディションの44センチGET!餌はおそらく15センチぐらいのハスかと思われます。濁っているものの、よく観察するとハスが見えます。カバーの釣りも餌の存在は大切なのです。

 
 その後も一貫してパンチエリアをランガンしていきますが、思いの外バイトが少なく苦戦。バイトの無い時間が過ぎていき、最後の「ここは必ず居てますよ~」なエリアで、最後の最後に待望のアタリが!藻ダルマであがってきたのは、まさかのおチビさんでした。

P9191397.jpg

 ん~でもよくぞ喰ってくれました。ありがとう。サイズ云々はおいておいてラストフィッシュ興奮しました。


 丸一日の撃ちまくりで大変だったと思いますが、トータルでは6バイトぐらい出ていたと思うので、後はチャンスをものにする為に、やり込んで馴れることが大切ですね。本日は一日お疲れさまでした。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

9月18日(日)琵琶湖~パーソナル記録更新はダブルでお願いします~


 本日は、遠路はるばる島根県からお二人様でガイドに来ていただきました。

 ゲスト様の希望のオーダーは、「パンチ」「フロッグ」「チャター」の3種の神器で是非釣りたいとのこと。じゃあやりましょうって事で、ガイド開始です。


 朝一まずは「パンチ」レクチャーからスタート。はい!開始早々ゲストさんバイトありです。そして、キーとなるストレッチひと流し目で、無事キャッチ成功。



 自己記録3センチ更新成功の58センチ。おめでとうございます。

 その後も、バイトは続き、ゲストさん2人で撃って頂いて、6バイト3フィッシュぐらいは出ました。


 次のお題は「チャター」。実はコレが一番簡単かと思ってましたが、そうは甘くありません。琵琶湖オソロシス。今日は巻いて釣れる気が全くしません。あまりに反応無く、とりあえず後回しで、お題から少し脱線してみた。

P9181388.jpg

 カナダモな場所で、ジャングラ5gテキサスのズル引きをやってもらい40UP追加。が、これも単発で続かない!難しいです。アタリもほぼ無い感じ・・・。どうなってんやろ。

 反応が著しく悪い様子なので、今度は違う「パンチ&フロッグ場」へ。たぶん釣れるならこの場所ですと説明していたそばから、ゲストさんにBIGバイト!デプスの剛竿がブチ曲がっていますが、ファイトの途中でスタックし残念の藻化け(涙)その後、僕のミスで亀になって身動きが取れなくなってしまいヘルプコールをして、湖上のSWORD先生にレスキューして頂く羽目に(笑)すんません・・・。


 気を取り直して、更に別のパンチ牧場に移動。ここもキーとなるストレッチで「釣れるならココです。」と説明しながらゲスト様に撃ってもらうと・・・すぐさまバイト!「喰ってます!」

P9181390.jpg

 これまた、自己記録更新の58センチのナイスフィッシュ登場。そしてそこのストレッチにはやはり魚が溜まっており、バイト多発ラッシュ。

P9181391.jpg

 同じカバーでダブルヒットして、どちらから取り込もうか迷ってみたり(笑) 更に、MAXサイズであろう奴をヒットされるも、敢え無く藻化けしてしてしまって残念だったり。


 そして、そこからは意固地になってお題の「チャター」達成してもらう為に、釣れる可能性のある場所を片っ端から回っていきますが・・・不発。本気で投げ倒してもらいますが一向に釣れません。せめて1本でも・・・


 残るお題のもう一つは・・・「フロッグ」

DSC_0152.jpg

 魚体が水面上に飛び出るぐらいド派手なバイトで、ゲストさんのスリザークを強襲。

P9181392.jpg

 サイズはともかくお題クリアの嬉しい一匹。

DSC_0151 (1)

 釣りとは関係ないですが、本日はイナズマロックフェス開催してるようです。天気も良くて良かったですね。


 そんでもって、夕方のタイムUPギリギリまで、チャターを投げ倒して頂きましたが、本当に一発も出ずに終了。残念ながらお題「チャター」は達成できずお預けとなってしまい申し訳ございませんでした。


 そんなこんなで、投げまくり撃ちまくりの一日で、お疲れ様でした。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

9月11日(日)琵琶湖~10lbフィッシュは突然に~


 来週は琵琶湖ガイドの予定が入っているので、台風後の状況確認をする為に一日、みっちり琵琶湖に浮いてまいりました。

 雨による濁りと増水。洗堰は全開放水で、現在水位はマイナス3センチ。全体の状況確認したいので、北は野洲川ライン、南は膳所までグルっと偵察してきました。台風が過ぎてからそれなりに日数が経っていますが、北湖の濁りもかなり広範囲に広がっていて、その悪い水が全開放水でドンドン南湖側に引っ張られているといった状況です。


 まず、朝一は、悪い水の影響を受けにくいクローズドエリアのシャローのチェックから。困った時は、まず目で見て状況掴みやすいシャロー状況の確認は欠かせません。ギル良し!ベイト良し!○○良し!ブラック??・・・居てました↓

 あまりにしつこく頭振って浮いてきて姿見せないので、雷魚かナマズだと思い、後処理ヌルヌルの覚悟を決めてしゅうへい君に手伝ってもらいながらランディングしてみると・・・。デッカイ顔!!意外や意外。想定外の10lbバスの登場です。



 見事なフットボール体型にビー玉の様なデッカイ目ん玉。北の魚みたい・・・。

DSC_0131.jpg

 完全に外道を覚悟していた為、いまいち気持ちが上がりませんでしたが、あがってきたのは口閉じ尾開き62センチ、4500グラムちょいで、このエリアでは出来過ぎのサイズです。1.5オンスTXでカバーの奥から出てきはりました。この魚以外にも、しゅうへい君と二人で撃ちながら3バイトぐらいはでたのですが、スッポ抜けたり、ワームだけ持って行かれたりで獲りきれずでした。

 
 その後、エリアを変えてカバー撃ってもバイトはでるのですが、なかなかフックアップせず釣れません。あまり粘らずで、どんどん沖からシャローまで走って様子見て、北湖までいきましたが、まだまだ野洲川からは濁った水が流入し続けていて、それが広範囲に広がっていますね。流木やゴミも多し。走行注意です。北湖西岸は気持ちまだマシで、こちらは魚の反応はありました。

2011091110580000.jpg

 この季節からはとっさのボイル撃ち用に、スピニングのPEにセンコーのセットを積むようにしてるんですが、そのセンコーの水面引きで釣れました。サイズは小さくても北の魚はお腹がパンパンでコンディション良し。その他にもチェイスもありますが、サイズいまいちの為、再び南のチェックへ戻ります。


 南湖北部のチャネルのブレイクが絡むような場所を魚探掛けると、かなりのベイトの反応があります。実際バイトもありましたが、すっぽ抜け連発でサイズ確認出来ず。


 そのまま南下で様子見ながら南エリアまで下り、全開放水の影響を少しでも受けにくく、かつ水深の変化とウィードの状態が良いエリアを探していきまして、ココは!という場所で反応ありです。

DSC_0135.jpg

 ウィードの影を撃って、しゅうへい君の4インチスタッガーで52センチ2200ぐらいのナイスコンディション。

DSC_0137.jpg

 チャターでウィードの上を通すと、釣れますがサイズダウン。

DSC_0138.jpg

 やはり「ココ!」と言えるウィードの影撃つと、再びサイズアップ。48で1800強。

DSC_0139.jpg

 シェードにタイトに着いてるバスはコンディションよろし。

DSC_0141.jpg

 横の動きではサイズダウンな日。


 う~ん。なかなか苦戦しましたが、なんとなく状況はわかりましたので、収穫はあったかなと。今後は放水とベイトの動きに注意して回ります。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

琵琶湖なう。


今日は、台風明け一発目の琵琶湖に、しゅうへい君と二人で出ています。朝一は予定外に62センチ4500グラムからスタート。景気いいのか??
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

いまさらですが…



 ファンタTVCMの、食いだおれ太朗の正体とかって続編でネタバレとかあったのでしょうか?ずっと気になっていたもので…。パフォーマンス見る限りでは、やはり真矢ではないかと思ってますが、如何なもんでしょう?シンバルのいれ方が、どうもそれっぽいなあ。正体知ってる人、こっそり教えてください。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

琵琶湖博物館

 
 今日は、台風の影響から琵琶湖休みにしたので、すこしゆっくり時間を過ごして午後から、烏丸半島にある県立琵琶湖博物館に久し振りに社会見学に行って参りました。



 屋外は断続的に台風による雨が降っていたので、こんな天気だからなのか屋内施設の博物館は思ったより子供さん中心に賑わっておりました。



 ショータ君が見たがっていた、ビワコオオナマズですが、顔は隠して尻隠さずで、お顔を拝見する事は叶わず。夜行性のナマズだから展示時間帯に合わせて、日中を暗く夜間帯を明るく証明の調整をされていて、少しでも活動している状況を見てもらえるように工夫されているのですが・・・。写真に収められなくて残念。



 水族企画展示室では、レッドリストの魚たちという企画で、タナゴ類、モロコ、ギギ、アユモドキ、ハリヨなんかの展示。少なくとも、僕の子供の頃はまだ、赤虫を餌にタナゴ、ヒガイ、モロコなんかは普通に釣れましたね。最近では、かのブルーギルでさえ数が減少している気がするのですが・・・気のせい??



 最近話題になった、クニマスの標本があったり。これは、もともとの田沢湖のものでしょうね。



 コクチのお方も居たりとかして・・・。



 海外の淡水魚の展示では、パイク類もおります。ガーパイクは居ますが、僕が見たいノーザンパイクは居ませんでしたね。



 いつもの見慣れたお方は、オーディエンスにも馴れたもので、全く動じていません(笑)



 タナゴ類はジッとしていなくて、綺麗に写真に納めるのが難しいです。



 モロコやタナゴ、ヒガイなんかも、遥か昔の子供の頃生きたまま持ち帰って、実家の水槽で飼っていました。結構丈夫で長生きしたと思います。



 タナゴ・・・やはり綺麗に撮れない(悲)


 そんなこんなで、久し振りに行きましたが、相変わらず魚好きには楽しめるスポットであることには間違いありません。個人的には図書館ブースにある、琵琶湖関連の学芸員の研究結果をまとめた書籍などもたくさんあり、謎多き琵琶湖の興味深いデータが見れますので、一度、時間のある時にでも、ゆっくり本を読みに行きたいですね。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

台風一過の琵琶湖




 今日は天気予報みて琵琶湖お休みにして、陸の上の人です。昨日からの台風は若干肩透かしの感じもありましたが、やはり雨に関してはガッツリ降りましたね。

 琵琶湖大橋から眺めた感じでは、北湖東岸の野洲川エリア付近はエラい水の色になってます。南湖側は一見あまり影響ないように見えましたが、出てみないとわかりませんね。

 ただ放水の影響でどんどん濁りと浮きゴミが南側に流入してくることと思われますので今後の注意が必要かも。




 ウロウロしていると、急に身体が背あぶらを欲したので、守山の来来に緊急INです。う~ん美味い!



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今月の雑誌



 今月の雑誌バサーの表紙は、我らゲリファの大ボス河辺さんでゴザイマス。

 そして、イールショックモリモトさんのコラムでは、EES釣り部代表チームクビ覚悟のモリモト&フクヤマペアの亀山勝利への軌跡が記されておりますので、要チェックです。EES釣り部万歳\(^o^)/

 EESのライブに行かれた際は、モリモト社長に亀山の称賛の言葉投げ掛けたらよい事あるかもよ?? 10円くれるかも!!





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)